リングピロー、あなたは予算を優先する?それともこだわりを優先する?

リングピローの調達方法はいろいろあります

リングピローの調達方法を考えたとき、真っ先に思い浮かぶのは購入するということではないでしょうか。プロが製作したものですから、ある意味確実です。 また、同じ買うにしても予算に余裕があれば、プロの手で作った、世界に一つだけのリングピローを自分の結婚式で使うことができます。

リングピローの購入について

リングピローとは、結婚式の指輪交換で、新郎新婦の指輪を置いておくピロー(枕)のことです。もともとはキリスト教式結婚式の際に使われてきたものです。

現代では一般的な結婚式でも普通に執り行われる習慣です。
もっとも、リングピローを使わないカップルも少なくありません。そういう結婚式ではリングケースをリングピローの代用にしています。少なくとも、日本ではそうです。
このリングピロー、どうやって入手するのでしょうか。基本的には購入したり欧州の習わしに則ってカップルの友人に作ってもらったりするものですが、実は調達方法はそれだけではありません。それは、リングピローに対するこだわりや価値観、や予算によって変わってくるようです。

こだわりがあるカップルは友人に作ってもらったりオーダーメイド品を使ったりするでしょう。自分で作ったりもできます。
違う視点で見れば、リングピローは挙式後に何かの役に立つものでもありません。あくまで思い出とか記念品として残る程度のものにすぎません。そういったものに労力やお金を注ぎ込むのはどうなんだろう?という考えの方もいます。他にも準備すべきことはたくさんあるわけですから。

いずれにしましても、一度、自分の考えや結婚のお相手の考え、周りの意見を精査し、考えをまとめるといいでしょう。そのうえでどうやって調達するのか検討ください。
当サイトは、現在考え得るリングピローの調達方法を網羅しています。参考にあれば幸いです。どうか後悔のないよう、結婚式の準備を進めてください!

リングピローは友人に作ってもらう

昨今の結婚式事情は、以前とはちょっと様変わりしているようです。「豪華仕様から手作り仕様へ」ですね。 でき得る限りお金をかける結婚式から、こじんまりとした手作り感ある結婚式へ。そういった価値観の変化は、リングピローの調達方法にも影響を及ぼしているのかもしれません。

その他の方法でリングピローを入手する方法

リングピローは購入したり友人に作ってもらう以外にも用意する方法はあります。 ご結婚されるすべての方がリングピローにこだわりがあるわけではありません。逆に、手作り感にこだわっていらっしゃる方もいらっしゃいます。 いずれにせよ、選択肢は多い方がいいですから、第三の方法も知っておくと良いです。